スノーボードインストラクターになるにはどのような資質が必要なのか

スノーボードインストラクターになるための資質

>

インストラクターになるにはどのような資質が必要か

若い世代がインストラクターを目指す

特にインストラクターの傾向としては若い世代の方が圧倒的に多く、資格取得者のほとんどを占めており、スクールの講師としても数が多いですね。
これにはやはりスノーボードが結構ハードなスポーツであること、また若者向けのファッショナブルなイメージがあることも影響しているように思います。
また競技人口自体が世代的に若いことが上げられるので、中高年以上の競技人口は非常に少ないです。
よって子講師側の年齢と生徒自体の年齢が比較的近いのも大きな特徴として挙げられると思います。
そしてプロプレイヤーの年層もものすごく若いこともスノーボードの特徴として挙げられるかと思います。
十台半ばからプロとして各地を転戦し、スポンサーも獲得しているのは他のスポーツではまれな例かと思います。

インストラクターに求められる資質

ではスノーボードインストラクターに向いている人の資質とは行ったどのようなものなのでしょうか。
当然資格制ですから技能がある一定の技術まで高くない人はインストラクターに向いていないですし、受講料を取って教えるわけですから技術の高さは当然必要なものになってきます。
そして次に大事なのが人を明るくさせることが出来、やる気を出させることの出来る人が求められるかと思います。
人を教えるということは生徒をその気にさせなくては勤まらないわけで、そういった資質に恵まれないとインストラクターにはなれないと思います。
また忍耐力のあることもインストラクターには求められる資質でしょう。
教えている人すべてがすぐ上達するわけではありませんので、つまずいている人を忍耐強く教えられなくてはいけません。
これらの資質に恵まれている人がインストラクターとして成功するのではないかと思います。


この記事をシェアする
TOPへ戻る