スノーボードインストラクターになるにはどのような資質が必要なのか

スノーボードインストラクターになるための資質

>

スノーボードのインストラクターとはどういうものか

人気の上昇に伴い急増のインストラクター

こうした人気の上昇に伴いインストラクターとしてスクールを立ち上げ教えている方も急増しており、スクールの数も飛躍的に増加しています。
インストラクターはプロとして活躍している方が多いですが、アマチュアの方でもインストラクターとして活躍している方も多く存在します。
こうした背景にははやりスノーボードの急激な人気の上昇により我流よりはスクールでしっかり学びたいという方々の要望が多くなってきたためといわれております。
またプロがオフシーズンやトーナメントの合間にスクールを開いて生徒を募って授業としてスノーボードを教えて収入源としているような状況も見られるようです。
このようにスクールでスノーボードを習って上達することは一般的になりつつあり、スクールはどこも盛況で受講者があとを絶たないようです。

インストラクターの仕事とは

ではインストラクターになるには一体どのような手順が必要なのでしょうか。
やはり資格制なので受験をして資格を取得しなければインストラクターにはなることが出来ません。
1級、2級、C級などに階級が分かれており、C級を取得してからインストラクターとして名乗ることが出来ます。
内容は実技試験、講習や宿題の問題回答の提出などがあり、それらを通過しないと合格できません。
資格を取得したあとはインストラクターとして活動することが始めて許され、スクールなどで講師として教えることが出来るようになります。
代表的な機関としてはJSBAがあり、試験の実施やインストラクターの養成に熱心に活動しているようです。
1級、2級などに合格すると知名度も上がりますのでよりスクールを開く際に有利になります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る