スノーボードインストラクターになるにはどのような資質が必要なのか

スノーボードのインストラクターになるために必要な資質とは

冬の花形スポーツとしてすっかり定着した人気のウィンタースポーツスノーボードですが、プロやオリンピック出場選手の数も大幅に増加しており、いまや一番人気の冬のスポーツになりました。 特徴は若い世代の競技人口がものすごく多く、プロの数も世代がものすごく若いですね。

スノーボードのインストラクターとはどういうものか

そしてスノーボードの普及とともに教える立場としてのインストラクターという資格が登場しました。 インストラクターは色々なジャンルで存在しますがスノーボードのインストラクターというのは比較的新しい存在ではないかと思います。 しかし人気のスポーツなのでスクールなどはどちらも盛況のようですね。

インストラクターになるにはどのような資質が必要か

人気のインストラクターの資格を取るには一体どのような方法で取得したらよいのでしょうか。 もちろん努力やトレーニングや知識も必要なのでしょうが、求められる資質というものも関係してくるかとは思います。 ではどのような資質がインストラクターになるには求められるのでしょうか。

最近大人気のウインタースポーツスノーボード

オリンピックの競技に採用されたりしたこともあってか、最近大人気のウィンタースポーツとなったのがスノーボードですね。
世界大会も各地で頻繁に行われプロの存在も一躍脚光を浴びており競技人口も飛躍的に伸びていますね。
各地ゲレンデでもスノーボードを楽しむ人たちが沢山見かけられるようになり大変な盛況振りを見せており、現在はスキーの競技人口に迫る勢いを見せています。
特に特徴的なのは若い世代や子供達の競技人口が非常に多いことで、中には子供のうちからプロとして活躍している子も沢山いますね。
そんなスノーボードの最大の魅力はゲレンデをスピーディーに滑走する快感と跳躍や回転の技を競うほかのウィンタースポーツにはない魅力のたっぷり詰まっていることが一番かと思います。
そんななかスノーボードを教える立場のインストラクターの数も飛躍的に増加していますが、主にプロとして活躍している人たちがスクールを開いてアマチュアの人たちを指導しているケースが多いようです。
スクールの数もブームに比例して数がものすごく増えており、どのスクールも盛況のようですね。
ではこのインストラクターですがどのように資格をとって教えることが出来るようになるのでしょうか。
やはり資格制になっているようで1級、2級、C級などに分かれており有名どころではJSBAの資格を取得するのが一般的なようです。
ちなみにC級以上でインストラクターになれますが、実技試験と講習の受講、筆記の宿題もあるようです。
このサイトではどのような資質を持った人がインストラクターに向いているのかをしっかり調べてみたいと思います。

おすすめリンク

婚活スキーツアーのすすめ

単に婚活するよりもスキーツアーを取り入れたツアーはおすすめです。その魅力は何なんでしょうか?

TOPへ戻る